NEWSニュース

NEWS一覧へ戻る

ワクチン

二回目の新型コロナワクチン接種をした 一回目の副反応はワクチンを打った左腕の上腕部が打撲したように痛み 多少熱も出た こんなもんかという感じであったのだが問題の二回目が待っていた これから話すことはあくまでも 私個人の体験談である  ワクチン接種を受けた翌日 お昼ご飯を食べた後だ 何かいつもと違う しかし何が違うのか分からない 気分は普通だが嫌な直感がして 体温計で熱を測った 37.5° 布団に潜った それからは徐々に熱が上がり強烈な怠さがきた 夕方四時には38.5° 五時には38.8° まいった 相棒に連絡したらポカリスエットを飲み 解熱剤で熱を下げろとのこと そのとうりにして 冷えピタも貼った よしこれで万全と想ったが 午後八時になっても38.8°のままだ 意識も朦朧とするこんなときには寝るしかない 午後九時に就寝 熱は38.8° 仕方ない これが新型コロナワクチンの副反応だ 翌朝五時起床 怠さはない 熱は下がったなと想ったが 38.5° 平熱に戻ったのは日曜日だった ワクチン接種を受けたのは火曜日だから計四日間 37.0°~38.8°の熱が出ていた 不思議なのは 木曜日から怠さがなく 体温計で測るまで熱があるのに気がつかないこと 人工的に体温を上げられている感じがすることだ おかしな体験だった 月曜日には出勤 いつも通りの日常が戻った。


この記事をシェアする
[addtoany]

RECOMMEND

  • 暖かくなってきました
  • カルさ
  • 怪談(不思議で怪しい話)